作業療法士になるためのセミナーに参加してみませんか

subpage01

作業療法士とは、精神疾患を持った方にたいして、手先を使った作業を行わせることにより、脳の交感神経を活発化かさせ、健康体を作り上げていくという職業です。


精神疾患の原因というものは現在も解明されていません。しかし、脳内の神経伝達物質であるドーパミンや、アドレナリン、セロトニンどの過剰分泌が関与していると考えられています。
また、うつ病などは国民の3パーセントがかかる病気であると言われており、その分作業療法士の需要も高まってきています。


うつ病の原因は脳内でセロトニンが増えすぎることにあります。


普通うつ病の治療には薬での治療が行われます。この薬はセロトニンを神経末梢で再取り込みを阻害してくれます。
その結果、セロトニンの量は一定の量をキープすることができるので、脳内の神経は安定的になるのです。


精神疾患にはこうした薬物療法が一番効きますが、作業療法士の活躍も欠かせません。

言語聴覚士のセミナーに関する有益な情報が満載です。

作業療法の活動は多岐にわたります。例えば、患者さんに対して、塗り絵をさせたり、プラモデルを作らせたりします。

こうした、作業療法はセミナーでも学ぶことができます。

エキサイトニュースについて考察してみましょう。

また、現在日本は高齢化社会になってきているので、パーキンソン病の有病率が高まっています。

パーキンソン病は、徐々に身体の筋肉が動かなくなっていく病気です。
これも脳内の化学物質、特に脳内の黒質から出されるドーパミンの量の減少が関係しています。
こうした、専門的な知識もセミナーで学ぶことができます。



作業療法士の仕事は非常にやりがいのある仕事なので、一度、セミナーに参加してみるのもよいのではないでしょうか。